ビジネスシーンに於く手紙の礼儀

ビジネス用途の手紙の結び

ビジネスでは結びの挨拶が大切

ビジネスシーンおける手紙では、結びの挨拶を用いるほうが良いです。最後まで相手の気持ちに寄り添う姿勢を見せることで、より印象の良い手紙になります。よく使われる結びの挨拶は3種類です。1つめは相手の幸せや健康を祈る挨拶です。「お風邪など召されませんように」、「ご自愛のほどお祈りいたしております」などです。2つめは相手の活躍や繁栄を祈る挨拶です。「一層のご活躍を祈念いたしております」、「ますますのご発展をお祈り申し上げます」などです。3つめは今後に繋げる挨拶です。「またお会いできる日を楽しみにしております」、「今後ともよろしくお願いいたします」などです。この3つの挨拶以外にも、用件を結ぶ挨拶や、伝言を頼む挨拶、返信を求める挨拶がビジネスではよく用いられます。

手紙の書き方を勉強しておこう

ビジネスシーンでもお礼文などの手紙を書く機会がある場合もありますが、このような時にはビジネスとしての礼儀を守ると好感度が上がります。例えば、書き始めの言葉や文の終わりの言葉、尊敬語・謙譲語・丁寧語といった敬語の使い分けも間違いのないようにする必要があります。また、縦書きと横書きや書く内容、封筒とはがきなどでも書き方に違いがみられるので書き方のマナーを勉強した上で書くことをおすすめします。書くとなった時に勉強するのも悪いことではないのですが、いつ書くことになっても良いようにあらかじめ勉強しておくとためになります。

↑PAGE TOP

Menu