手紙で伝えられるビジネス

ビジネスマナーについて

ビジネスの手紙の宛名のなぜ

ビジネスの手紙を作成して郵送する時に宛名の書き方を間違えると恥ずかしい思いをすることになります。ビジネスの場合でも個人宛は様や殿を使用します。会社宛の場合は御中とします。個人宛に御中を表示すると、マナーが分かっていないと笑われる原因になります。また、手紙自体にも誰に宛てたものかが分かるようにすることが一般的です。会社宛に送付すると担当部署で一度開封されてから、本人に渡ることになります。封筒だけに名前を入れておくと入れ違いや紛失の可能性が出てきます。誰からいつ送付されたもので、受け取る人がわかるようにしなければなりません。

手書きの手紙で好感度アップ

メールでのやり取りが増えた昨今。ビジネスの場においてもメールが必須となっています。その中で、メールではなく手紙を用いた営業活動があります。パソコンで入力して印刷するというものではなく、手書きで丁寧に書きます。パソコンの機械の文字よりも、人間の文字の方が温かみもあります。また、1枚1枚書くことで、気持ちも伝わります。ダイレクトメールの中には、手書きの物をコピーして郵送してくる会社もあります。マメな作業もビジネスの場では大切になるので、面倒でも1枚1枚心を込めて書くことをお勧めします。相手に少しでも良い印象を持ってもらえることが大切です。

↑PAGE TOP

Menu