ビジネスツールとして使える手紙

ビジネスマナーとして

ビジネスに役立つ書き出し

ビジネスマナーとして知っておくべき、手紙の書き出しについての常識があります。それは季節に合わせて使う言葉遣いだったり、慶弔など手紙の内容に相応しい書き出しなどいろいろと存在します。無理して使った難しい言葉遣いは間違えるととても恥ずかしいですし、内容に合わせてスムーズに使うことができればとても評価があがります。 ですから、ビジネスに相応しいマナーはしっかりと学ぶべきです。例えば、インターネットで検索をすると文例や使い方などを知ることができます。恥をかかないように、必要最低限はチェックしておくべきです。

時には手書きのメッセージを

できる営業が使うツールとして手紙があります。御礼や挨拶にと丁寧に伝えることができメールよりも温かみを持たせることができます。ビジネスには必須の道具です。ビジネスで書くときにはある程度形式が必要ですし、使う便せんなどの選び方によりその人のセンスが出てきます。季節や送る相手の性別、好みなどに合わせ丁寧に選ぶようにしましょう。押切通りの言葉も必要ですが、何か一言型どおりではない言葉も添えることで価値が増します。印象に残るようなものにするためにも、相手のことをよく考えてオリジナルの文章を作成してみましょう。

↑PAGE TOP

Menu